卒業生の言葉

結果を残す事を意識した、自分の納得のいく走りがしたいです。

世界陸上 ロンドン大会 重友梨佐選手世界陸上 ロンドン大会 重友梨佐選手
高島由香 選手

陸上部 選手

サイン 選手

Profile

生年月日】1987年8月29日
出身地】 岡山県備前市
出身中学校】備前市立備前中学校
出身高校】興譲館高等学校(岡山)

Message

 2年生時に第16回全国高校駅伝(2004年)に初出場し2区を走って区間7位。 3年生時にチームの主将を任されて第17回全国高校駅伝(2005年)に優勝。前年に続いて2区に登場した重友選手は再 び新谷選手(ロンドンオリンピック出場)から先頭でタスキを受け、区間2位の好走で優勝に貢献した。

重友選手からのメッセージ

【世界で活躍する事を意識し始めたきっかけはありますか?】

 陸上競技を始めた頃からマラソンでオリンピックに出たいと漠然と思っていましたが、高校生になり全国大会を経験する事で、さらに世界大会という場を経験したいと思いました。また、自分が行きたい進路先である地元、天満屋の選手の活躍する姿が、より世界を意識させてくれました。


【高校時代の思い出を聞かせてください!】

 陸上競技が中心となる生活でしたが、正直苦しいこと辛いことが多かったです。それでも、自分の中に明確な目標があったことと、更にその高い目標を同じ様に持つ仲間と必死になって向かっていける環境があったから頑張れたと思います。何より、達成できた時の喜びはとても大きかったです。


【実際、世界大会が決まってから、どのようなレースをしたいと考えますか?】

 今までの成功、失敗、経験を活かして、やはり結果を残す事を意識した自分の納得のいく走りがしたいです。


【最後に、今後この井原で成長していく若者へのメッセージをお願いします!】

 できるとかできないではなく、チャレンジしてみて欲しいと思います。できないことでも、チャレンジし、繰り返しやってみる事で、最初よりもただの少しでもできる様になるかもしれない。そうすると自然と喜びを感じられるのではないかと思います。その喜びを感じられたら、またもう少し頑張ってみよう、とか、もっとこうしてみたい、というふうに繋がるのではないかと思います。できないからダメ、できるからいい、と言う考えは捨てて色んなことに是非チャレンジして欲しいと思います。

苦しい時期が続いても、諦めずに努力を続けてください

筑波大学
体育専門学群

寺岡 秀真
特別進学コース)

【いつ頃から本格的に受験勉強を始めましたか?】

 陸上競技部の監督と相談して、夏の総体で早期引退をさせて頂くという話を決めました。その大会で引退が決まりそこから本格的に受験勉強を始めました。

【一日何時間勉強していましたか?】

 1年・2年の頃はとにかく部活動が忙しくて、周りのクラスメイトに比べたらほとんど勉強してなかったと思います。9月の模試をきっかけに、平日は4~6時間、休日は10~11時間勉強をしました。

【大学合格の最大の要因は何だと思いますか?】

 模試のE判定は無視することです。

【おすすめの勉強方法があれば教えてください。】

 センター過去問や予備校の問題集を集めて、ひたすらやりまくることです。一度やった問題でも、数学・理科や社会は知識、解法の確認のため時間を空けて何度も解いていました。

【これから受験に臨む後輩たちへアドバイス】

 受験勉強が楽しいと思える人は少ないかもしれません。努力は嘘をつかないという言葉がありますが、自分自身は正直なもので、適当な努力は平気で嘘をついてきます。しかし、そういった失敗を積み重ねることが確実に自分の力になって、いつか何かしらの形で自分に成功という形で還元されると思います。自分の信じた道を突き進んでください。どんなに苦しい時期が続いても、諦めずに真剣に努力を続けてみてください。努力の過程こそが自分の自信になり、財産になります。

「合格するんだ」という気持ちをもって勉強してほしいです

都留文科大学
教養学部 学校教育学科

高木 優介
特別進学コース)

【大学・学部・学科を選択する際の決め手は何でしたか?】

 他大学にはない研究に対する真摯な態度を感じ取ったからです。「その大学にしかできない」ということを強く感じ、これは勉強をする上でのモチベーションにもつながりました。最後は、取得できる資格が教員になりたい自分にとって重要なことでした。

【これはこうしておけばよかった!失敗した!のような後悔していることがありますか?】

 1年・2年で家庭学習時間をとらなかったことです。何回も繰り返すことで力はつくので、もしできるならこの時期では難しい問題を解くよりは基礎を完璧にしたほうがベターだと思いました。

【大学合格の最大の要因は何だと思いますか?】

 3年になって成績はほとんど右肩あがりでした。これが成功の要因だと思います。まず具体的な目標をもつこと。高い目標でよいので、自分もはじめは判定を気にせず目標を立てました。これによって他のことに労力を費やすことなく勉強に打ち込めました。

【高校生活で印象に残っていることはありますか?】

 興譲館の良いところは少人数教育だと思います。先生に様々な質問ができたことが良かったです。

【受験に関して語りたいことがありますか?】

 睡眠時間を削ってでも学習時間は確保していました。少々寝てなくても結構いけます(笑)気力が果たす役割は大きいと思うので「合格するんだ」という気持ちをもって勉強してほしいです。自分は塾に行ってないかわりに、興譲館の少人数を生かして先生方に見ていただきました。成績が伸びないときも自分の力を信じて取り組んでください。勉強したことが役に立たないことは決してありません。